中古トラックの売却について

中古トラックの売却について

中古車の売却と購入について

所有している車を売却したい場合、一般的に行われているのは中古車買取り専門店(業者)、
個人売買(個人)、ネットオークション(個人および業者)といった方法です。
ちなみにディーラーや中古車販売店へ売る場合は「下取り」であって「売却」ではありません。

 

これらのなかでどの方法が一番高額で売却できるかは、
車種や年式などによって違いがあることから一概にはいえません。
特に人気がある中古車の場合は、プレミアがつくことで個人売買や
ネットオークションで驚くほど高価で売却されるケースが少なくありません。
しかし一般的には専門家の「査定」を経て売却することになる
中古車買取り専門店を利用するケースが多いようです。
最近ですとこちらの中古トラック専門業者が口コミで人気を集めている様です。

 

新たに中古車を購入したい場合に一般的に行われているは中古車販売店(業者)、
個人売買(個人)、ネットオークション(個人)といった方法です。

 

これらのなかでどの方法が一番安く購入できるかは別にして、
専門家の査定に基づいて設定された価格情報を全国規模で収集できるのは中古車販売店です。
また中古車販売店の場合はネットオークションのように現物を確かめられないといった問題や
購入後の売買に係わるトラブルといったこともほとんどないことから、
購入する側にとっての安心度も高いといえるでしょう。

 

なお中古車の売買を行っている業者には
中古車販売専門店や中古車買取り専門店といった名称の店が多いのですが、
実際の事業としては「中古車の買取りだけ、
中古車の販売だけ」ではなく「中古車の買取りと販売」を行っているケースが多いようです。

中古トラックのネット利用での売却の流れ

所有している中古トラックの売却方法としてはオークションや個人間売買で行われることもありますが、
一番多いのは「中古トラック買取り業者」に買取ってもらう方法です。
近年は近くに中古トラックの買取り業者がないケースでも、
次のようなステップでネットを利用して全国どこからでも売却できます。
ただし全国網のない買取り業者によっては、
現車確認のできない地域からの買取りを断られる場合がありますので事前確認が必要です。

 

ステップ1は「査定依頼」です。
「売却したいので査定をしてほしい」という申込みです。
希望の業者に連絡を入れます。
一般的にはホームページの「査定申込み」のコンテンツを利用しての申込みが多いようです。

 

ステップ2は「無料査定」です。
連絡した業者の担当者から、売却するトラックに関しての問合せの電話かメールが入ります。
問合せは査定に必要な事項が中心ですが、
車検証の写しや現車の写真を求められる場合もあります。

 

ステップ3は「結果連絡」です。
買取り業者から現車確認前のおおよその査定価格が提示、連絡があります。
その価格で納得すれば現車の正式な査定を受け、納得できなければ売却を断ることになります。

 

ステップ4は「契約成立」です。
現車確認後、再度査定価格(買取り価格)が提示されます。
この価格に納得できれば売買契約の締結に進みます。
なお納得できない場合は別な売却先を探すことになります。

 

ステップ5は「売買契約」です。
売却に必要な書類を買取り業者に渡し、
売買契約書に記名押印すれば契約完了です。

 

ステップ6は「名義変更書類受取り」です。
売却後に新しい名義人に変更された車検証の写しが
買取り業者から送られてきた時点で売却の完了です。
なお売却トラックの引き渡し日程や方法などは、双方で調整しながら決定します。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ